卵の薄皮の美容効果はすごい!!たまごのようにピーンと張った肌にしたい|顔のたるみ!!悩み改善前向き人生

卵の薄皮の美容効果はすごい!!たまごのようにピーンと張った肌にしたい

卵の薄皮を使って顔のたるみ・ほうれい線を改善



◆卵の薄皮(卵殻膜)とは


普段よく使う卵なので、皆さんも良くご存知だと思いますが、あらためて卵の薄皮とは、

卵の殻と白身の間にある、薄い膜のことです。

最近、「卵殻膜」(らんかくまく)が美容に効果的だというこを耳にすることも多いと思います


卵の薄皮は、厚さはわずか0.07mm。

でもこの薄い膜の中に、卵が育つための栄養が詰まっています。cont2_img4.jpg

鶏の赤ちゃんは人間と違って、母体とへその緒でつながれていません。

なので卵の殻は、産まれてくるまでの間の栄養を、すべて卵の中に備えている発育器です


とくに、卵の薄皮は卵の殻の中のヒヨコと密着してやさしく包み込み、外部の微生物から守ります

また、100億の細胞を増やし 誕生していくうえで大切な役割を果たしています


卵の薄皮の主成分は、20種類のアミノ酸をバランスよく含んでいます。

その組成は人間の皮膚や他の部分で非常に近い構成されており、

さらにコラーゲンやヒアルロン酸といった美容成分の豊富に含まれています。


この卵の薄皮に含まれる美容素材が、たるみやほうれい線にも効果を発揮してくれるんです


卵の薄皮からできた話題の商品【ビューティーオープナー】



顔のたるみやほうれい線には卵の薄皮パックのやり方と効果




◆薄皮パックのやり方
まず、生卵を割った後、卵の殻を少し乾燥させる
    
少し乾燥してきたら、殻の中の薄い皮がピローと剥がれます
    
その薄皮を、目元やたるみの気になるところに絆創膏のように貼る
    
そのまま15分位放置した後、洗い流してスキンケアで整える
※注意・・・薄皮がパリパリになるまで放置すると、剥がすときに刺激になるのでほどほどに(^_-)-☆



◆スキンケアも卵の薄皮利用・・・保湿や美白

卵の薄皮を剥乾燥します
    
乾燥させた薄皮をホワイトリカ―やウォッカなどに漬け込む(30度から40度位のものを使用すること)
    
冷暗所で1週間位寝かせると出来上がりです
    
出来上がったものと、精製水と調合してスキンケアとして使用する

※配合については、作っておられる方それぞれ少しづつ違いますね
 薄皮の量にもよるので、いろいろ試されることをおススメします

※手作りのものなので、あまり長期間置かないくらいの量を作られるといいですよ(^◇^)



卵の薄皮パックとスキンケアの効果は

★顔のたるみ・ほうれい線・肌のハリのアップ!!

肌はI型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲン(ベビーコラーゲン)から作られています。130b6270-2fd4-42f5-85d3-6f2ef9435b0f.jpg

赤ちゃんの肌は、Ⅲ型コラーゲンいっぱいです

残念なことに、年齢とともにこのⅢ型コラーゲンは、どんどん減少していきます

それに伴って、ハリがなくなり肌がゴワゴワしていきます

卵の薄皮パワーには、お肌を柔らかくする「3型コラーゲン」が含まれています


★肌の潤い成分配合で保湿効果バツグン!!

保湿成分の代表「ヒアルロン酸」が豊富なので、お肌の水分が保たれしっとり肌になります


★美白効果成分「L-システイン」

卵の薄皮成分、アミノ酸の一種「シスチン」含有

シスチンは、体内に入ると「L-システイン」と呼ばれる成分へと変化します。

メラニン色素に働きかけ、シミやニキビ跡に効果を発揮します

卵の薄皮にはこの「シスチン」人間のお肌の何倍もあるようですよ


以上で、卵は身近な食材で、健康にも美容にも本当に重宝しますよね(^◇^)

11063






2019.01.07 | コメント(0)このブログの読者になる更新情報をチェックする
この記事へのコメント

スポンサーリンク

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。